FF14


もう1年以上前の記事でFF14が64bit対応するとのことで、MacOS Mojave以下がバッサリ切り捨てたられた記事を書いた。その時はもうこれで私のMacでFF14人生が終わったと正直思っていた。

      だが私は諦めていなかった、現在私の愛用している「MacPro2012」は、カスタマイズ性が高く、パーツを差し替えさえすれば延命を続けることのできる中古Mac界隈では大人気?のMacなのだ!^^

      諦めていたFF14を起動させる条件、その経緯

      諦めていたFF14起動はけっこう個人的に嬉しい出来事なので、これまでの経緯をぜひご説明したい。

      前回FF14Mojave対応時、私のMacProは「Elcapitan(MacOS 10.11)」だった。
      この時のMacProは2009モデルだったので、このOSが最終バージョンとなっていた。
      だが、この時代のMacProはこれだけでは終わらない。
      ファームウェアをアップデートすれば「High Sierra(10.13)」までバージョンアップをすることができるのだ。

      もちろん「High Sierra(10.13)」に変更した時は既に遅し、例の「64bit対応」グラフィック「Metal対応」したOSでないとサポートしないのがFF14仕様なわけだ。
      つまりは「 Mojave(10.14)」ということだ。

      この仕様の中で特に重要なのが「Metal」対応という部分。
      これはWIndowsでいうところの「DirectX」に非常に近い環境になり開発しやすいとか話しなので、Macの対応も以前と比べてスムーズになる、ということが言えるのだろう。
      (ちなみにエルダークロールも「Metal」対応の仕様に変わってました(苦笑))

      だがこの「Mojave」・・・
      肝心のわたしのMacPro2009には入れられないのだ。


      「Metal」対応の「グラフィックボード」が Mojaveのインストール要件

      その理由は「グラフィックボード」が「Metal」対応でないからだ。
      じゃあ「Metal」対応を買えばいいじゃないか、WInゲーマーあたりは簡単に思うことだろう。

      Macに対応または推奨されているグラフィックボードは、Mac仕様というだけ世代が古くても未だに値段が高いのだ。
      デフォルトの「HD RADEON 5770 For MacPro」が中古で現在1万円する。しかもこれが飛ぶように売れる。VRAM1Gだよ!w

      以下、Apple推奨のMetal対応はグラフィックボードが以下の通りだ。

      で、このボードを搭載したMacProに限り「 Mojave」までインストールできる、ということ。 


      • MSI Gaming Radeon RX 560 128-bit 4GB GDRR5
      • SAPPHIRE Radeon PULSE RX 580 8GB GDDR5
      • SAPPHIRE Radeon HD 7950 Mac Edition
      • NVIDIA Quadro K5000 for Mac
      • NVIDIA GeForce GTX 680 Mac Edition
      • AMD Radeon RX 560
      • AMD Radeon RX 570
      • AMD Radeon RX 580
      • AMD Radeon Pro WX 7100
      • AMD Radeon RX Vega 56
      • AMD Radeon RX Vega 64
      • AMD Radeon Pro WX 9100
      • AMD Radeon Frontier Edition 




      導入を阻む第一の壁の存在とは?「EFI」

      意外と選択肢があるかと思うかもしれないが、第一の壁がここには存在する。

      Macには元々起動にアップルマークが出たり、起動ディスクを変更したりセーフブートしたりのEFI(システムパーティション)という機能がある。
      この機能が付いているのが上記リストの「for Mac」「Mac Edition」と書いてあるもののみ。
      それ以外、Macは起動はするものの「EFI」が使えない、という状態になる。
      このEFIにこだわらなくてはいけないのが、まず第1の壁だ。(苦笑

      そして更に第2の壁も存在する「miniDisplayPort

      第2の壁は「miniDisplayPort」の問題だ。この接続にこだわらなければ、選択肢は複数あるのだが、元々繋いでいるApple社製の「LED CHINEMA Display」を接続したい場合には「miniDisplayPort」が必須だ。


      Apple以外のモニター使っているなら話はもう少しスムーズだが、やはりMacでゲーマーはそういうわけにはいかないのだ(苦笑

      そうなると選択肢が調べた結果「SAPPHIRE Radeon HD 7950 Mac Edition」が最適解となった。
       




      で、この中古相場がなんと「¥35,000」である、新品だと驚愕の「¥49,800」!
      たかだがVRAM3Gのグラフィックボードが、今の時代に「¥50,000」するわけだ
      WINゲーマーからしたら、なんとも滑稽な話しに聞こえるかもしれないが、これがけっこうなハードルとしてずっと立ちふさがっていた。
      しかも、中古ではなかなか出回らないと来てる。

      このような事情があり、MacPro2009はHigh Sierraどまりで、しばらく使用を続けていたのだが・・・・

      MacPro2009起動不能・・・原因は・・!?

      ある日、愛機のMacPro2009がSteamの「Taros」というゲームやっていたら、いきなりシャットダウンし、その後起動できない状態になってしまった。
      ロジックボードがイカれたのかと思いきや、原因はグラフィックボードにあった。
      ただ、早計に壊れたと思いこんでしまった私は、仕事でも使うので「MacPro2012 12コア メモリー64G」を衝動買いした(苦笑

      幸いMacPro2009が壊れたのを理由に憧れのシルバーマック最終モデル「MacPro2012 12コア 」を手に入れたことは、奮発はしたものの非常に喜べることであった。
      状態が良く、メモリー64G、SSDやHDはフル装備、キーボード、マウスもコミコミの美品であった。
      (2009モデルはその後完動品として普通に売れました、良かった!)

      ただ、グラフィックボードだけは純正の「HD RADEON 5770 For MacPro」のまま・・・


      せっかく2012最終モデルのMacProを買ったからには、これまで手をつけられなかった「 Mojave」対応をするしかない、と心に決めた。
       
      という風にどうせなら、至高のMacProカスタマイズと思い立ったわけだ。・・・
      金はそれなりにかかるがもはや止むを得ない・・・!


      そういうことで、Metal対応のグラフィックボードの選別・購入をすることに・・・


      長くなりそうなので次回に続きます(苦笑



       


      ゲームランキング